日本


 

「ノルウェー語で“鳥”という意味の“FUGLEN”が渋谷に!」

 

世界最高品質のコーヒーが飲めるコーヒー王国、オスロ。ニューヨークタイムズ紙のコラムニスト、オリバーストランドによると、“世界で最高、飛行機に乗ってまで試しに行く価値あり”と絶賛。その中でも、1963年創業のコーヒーバーFUGLENは独自の進化を遂げ、オスロのコーヒースタンダードを高め続けてきました。

 

昼から一転、夜はおしゃれなカクテルバーに変身。クラシックなカクテル作りをスカンジナビアのアプローチで演出するのは、FUGLENのバーマネジャー。彼はノルディック・カクテル・チャンピオンシップ(アクアビット部門)でDANDY  LIONというアクアビット(ノルウェーのポテトスピリッツ)を使ったオリジナルカクテルで優勝しました。

 

エスプレッソバーとカクテルバー。このスペシャルな2つのコンセプをより魅力的にするのは海外進出で一番ユニークな3つ目のコンセプト、100%ノルウェーのヴィンテージデザインで演出された店内はまるでショールーム。FUGLENはまだあまり紹介されていないノルウェーデザインの歴史を世界に紹介しています。

店内に置かれた50年、60年代にノルウェーで創られたヴィンテージデザインはすべて買う事が可能です。ヴィンテージの家具や陶器に囲まれてゆったりと飲むコーヒーやカクテルで最高のひとときを。もしかしたらあなたが満喫しているコーヒーやカクテルはノルウェー人のバリスタやカクテルチャンピオンの手によって作られた物かもしれません。

 

FUGLENはコーヒー、カクテル、ヴィンテージデザインを調和させ、トータルコンセプトを作り上げています。ショップ、ウェブショップ、デザインのトータルコンセプトでも高い評価を受け、2011年には Good Design賞を受賞。審査員は特に、FUGLEN OSLO店内で使われているQRコードに興味を示しました。ノルウェー国内で日本発のQRコードをこのように使ったのはFUGLENが初めて。また2011年の秋にワールドワイドな雑誌、MONOCLEで『小規模資本によるベストコンセプト世界トップ5』にも選ばれ、日本でのFUGLENへの反応も楽しみです。

 

1963年から続いている歴史のあるFUGLENの海外進出第一号店は東京の渋谷にオープンします。第一号の東京店は1963年のオスロのオリジナルショップを復元。FUGLEN TOKYOでは日本初、ノルウェーライフスタイルが体験出来ます。

彼らの東京出店は「ミスター・スタイルノルウェー」中村孝則氏とスタイルノルウェーのメンバーからもたくさんの祝福を受けています。FUGLENへ訪れる皆様にはゲストとしてノルウェーのオリジナルデザインや家具の歴史、ノルウェーライフスタイルに触れて頂きながら、ノルウェーのコーヒー文化を満喫して頂けると思います。